Japanese

Final_MG_2150 klein

– 福本 茉莉 –

1987年東京都出身。
東京藝術大学にてオルガンを廣野嗣雄、椎名雄一郎に師事。アカンサス音楽賞、同声会賞を得て卒業し、また同大学大学院を、大学院アカンサス音楽賞を得て修了した。

2011年よりドイツに拠点に移し、Wolfgang Zererに師事。DAAD(ドイツ学術交流会)音楽長期奨学生として2013年にハンブルク音楽演劇大学大学院古楽オルガン専攻を栄誉付き最高点で修了。更に公益財団法人ロームミュージックファンデーションの支援を受け、2016年にドイツ国家演奏家資格を3回の資格試験全て、同じく栄誉付き最高点にて取得。現在は引き続き、同大学教会音楽科に在籍している。平成28年度文化庁新進芸術家海外研修員。

これまでに武蔵野、ニュルンベルク(ドイツ)、ブリクセン(イタリア)、ピストイア(イタリア)などのオルガン・コンクールにて優勝を果たしている。ソリストとしてアンスバッハ・バッハ週間、Badiamusica、リエパヤ国際オルガン音楽祭などの招待演奏をはじめ、ルドゲリ教会(ノルデン)、聖ミヒャエル教会(ハンブルク)、聖ヴェンツェル教会(ナウムブルク)、シュヴェリーン大聖堂、シュトゥットガルト僧院教会、バーゼル大聖堂、ブリクセン大聖堂、ザルツブルク大聖堂、ペルプリン大聖堂、バンベルク・コンサートホール、フィルハーモニー・エッセンなど、またアンサンブル奏者として、ハンブルク音楽演劇大学教授Matthias Höfs、ジャーマン・ブラスChristoph Baerwindらと共演を重ねるなど、現在ドイツを拠点にヨーロッパ及び日本で積極的な演奏活動を行っている。また、NDR(北ドイツ放送局)、BR(バイエルン放送局)、TBSとの録音のほか、NaxosよりソロCDアルバムが、世界発売されている。

北ドイツ・オルガン楽派、J.S.バッハ、そしてドイツ・ロマン派の音楽をとりわけ愛する彼女は、ルネッサンスから現代曲初演まで、枠にとらわれない莫大なレパートリーを持ち、その情熱的で生き生きとした音楽によって聴衆に愛されている。

クーリエ・ジャポンに『福本茉莉の欧州風琴紀行』を連載中!
詳細なプロフィール